• ホーム
  • 小児の水痘にもバルトレックスは効果的

小児の水痘にもバルトレックスは効果的

2020年03月02日

バルトレックスは単純ヘルペスウイルスに感染することで起こる単純疱疹の症状を改善することができると思っている人は多いですが、それ以外の症状を治すためにも用いることができます。小児がかかりやすい水痘もバルトレックスで治療することができるので、子供が水痘に感染したときも、この治療薬の利用を検討してみると良いでしょう。病院で処方してもらうだけでなく、通販などを利用すれば海外から取り寄せることができるので、大人がヘルペス治療に利用している薬を、子供が水痘になったときに利用することもできます。

バルトレックスはウイルス性の症状に効果がある治療薬なので、同じウイルスが原因となって発症する水痘にも高い効果を発揮するのです。ウイルス性の感染症はウイルスが増殖することによって症状が悪化してしまいます。つまり症状を改善するためには増殖を止めなければならないと言うことができますが、バルトレックスに含まれているバラシクロビルと呼ばれる成分はウイルスのDNA複製を阻害することが可能です。バラシクロビルによってDNA複製が阻害されると、ウイルスは増殖することができなくなり、症状を抑制することができると言えます。水痘に感染したときもバラシクロビルが含まれた治療薬を服用することで、ウイルスが増殖できなくなり症状を改善することができるのです。

ただし子供がバルトレックスを飲むのであれば注意しておかなければならないことも存在してあり、これに気をつけておかないと副作用などを起こしてしまう可能性があります。バルトレックスは小児用があるわけではないので、1回に摂取する有効成分の量を調整する必要があるのです。通常40kg以上の小児には1回500mgの有効成分を1日2回摂取できるようにします。けれども、40kg未満の場合は顆粒しか利用することができず、体重によって服用量が変化しますので、説明書などの指示に従うようにしてください。錠剤の有効成分量が多い場合はピルカッターで半分に切断して調節したり、錠剤を用いることができない場合は顆粒タイプの購入を検討したりする必要があります。

水痘は単純疱疹の場合と同じ治療薬を利用することができるので、大人が服用していたものをそのまま使いたいと思う人もいるかもしれません。ですが、子供の場合は用法用量が異なりますので、大人が利用していたバルトレクスを使うのであれば用法用量を守るようにしなければならないでしょう。小児が服用する場合は基本的に体重によって服用量が変わってきますので、医師の指示を受けて適切な量だけ服用するようにしたり、用法用量を自分で調べたりして正しく服用することが大切です。

水痘はバルトレックスでも治療することができますし、高い効果を期待することができます。けれども、子供の水痘の場合はバルトレックスの服用量を少なめにしなければならないということを忘れないようにしてください。用法用量を守ることができていないと、思わぬ症状を引き起こすこともあるので、注意しておくと良いです。