• ホーム
  • ヘルペス治療薬バルトレックスを処方箋なしで通販するのって違法?

ヘルペス治療薬バルトレックスを処方箋なしで通販するのって違法?

2019年12月30日
薬を飲む男性

国内で販売されている医薬品は厚生労働省の認可を受けており、反対に厚生労働省の認可がないものは販売することができません。海外輸入を行うことができる通販サイトを利用すれば購入できるけど、日本国内では販売されていないというのであれば、処方箋なしで購入すると違法となるのではないかと不安に思う人もいるでしょう。海外から個人輸入を行うとしても、個人で利用するのであれば基本的には違法になることはありません。しかしながら、個人的な利用以外を目的としていたり、自分で使用する場合も量が多すぎたりすれば法に触れる可能性があるので、どのような場合がオッケーでどのような場合がダメなのかを知っておかなければならないでしょう。

ヘルペスの治療薬であるバルトレックスを購入するときに、違法な方法で購入してしまえば大変なことになります。個人輸入を行うときには、処方箋がなくても自分自身で使用する場合のみ認められるというルールがあるので、これを守ってください。ただし、もし輸入代行サービスを利用せずに自分で海外から取り寄せるのであれば、税関の確認は必要だということを知っておきましょう。ですが、基本的には輸入代行サービスを利用する人が多いので、この代行会社がしっかりと許可を受けている会社であれば違法になることはありません。

海外輸入した医薬品を個人で利用する場合でも許可が必要な場合があり、数量が多い場合は地方厚生局へ必要書類を提出しなければならないでしょう。たとえば外用剤を24個以上取り寄せる場合、医薬品を2か月分以上取り寄せるときなどは届け出が必要とされています。ヘルペス治療用のバルトレックスを購入するとき、処方箋は必要ないですが、用法用量から見て2か月分以上にならないようにしてください。また、健康被害のであるおそれがある製品が厚生労働省によって一覧化されているため、そのリスト中に存在している製品は数量などに関係なく、医師などの処方箋がないと輸入できませんので気をつけておきましょう。

もしも医薬品の転売などを考えているのであれば、違法となるので行わないようにしてください。なかには、通販サイトで大量にまとめ買いしたものを割高な価格で転売して儲けを出そうと考えている人もいるようですが、これは処方箋がある人が購入しても違法になってしまいます。医薬品を販売したいのであれば、医薬品の個人輸入代行業として開業しなければなりませんので、通販サイトから購入したものを他の人に転売することはやめてください。輸入代行業者から購入する場合でも、その業者が認可を受けていなければ、違法な販売会社から購入したことになってしまいます。通販サイトのページを見ると製造販売業許可があるかどうか知ることができるので、購入ボタンを押す前にきちんと許可がある販売会社であることを確認するようにすると良いです。

ヘルペスの治療薬であるバルトレックスを処方箋なしで通販を利用しても、基本的には違法になりません。ですが、もしも販売業者が認可されていなければ問題となったり、転売や過剰量の購入で問題となったりする可能性があるので注意しておくと良いです。